骨折・脱臼・捻挫・打撲・交通事故の施術・スポーツ外傷・ 鍼灸治療(肩凝り・腰痛など)ご相談ください。
自賠責保険では1日の通院で4200円の慰謝料が発生します。
※交通事故の被害者の場合ほぼ全員自賠責保険の対象となりますが、実は加害者も相手方に過失割合が1割でもあれば、自賠責保険は適用になります。当然加害者であってもケガをしていれば治療を受けられる権利があります。

交通事故が原因でケガをして発症した症状について、自賠責保険の適用範囲になります。わずかな痛みであってもその対象となります。お早めの受診をお勧めします。

慰謝料の対象になる日数は、「治療期間」「実治療日数」によって決定されます。

【治療期間】治療開始日から治療終了日までの日数
【実治療日数】実際に治療を行った日数

「実治療日数」×2「治療期間」で少ない方の数字に4,200円をかければ慰謝料が算定されます。(上記、「実治療日数」×2とありますが、実治療日数の2倍の慰謝料が算定されるのは、整形外科に通院した場合と整骨院に通院した場合のみです。鍼灸院や整体院では、実治療日数のみしか算定されません。慰謝料の面から見ても、整骨院にかかる事をお勧めします。

【休業損害費って?】

自賠責保険基準では原則、休業損害金として1日5,700円が支払われ、日額5,700円を超える収入があることを証明出来る場合には、19,000円を上限に下記計算式による実費が支払われます。

給与所得者には過去3ヵ月間の1日当たりの平均給与額が基礎となります。
事故3ヵ月前の収入(基本給+付加給与(諸手当))÷90日×認定休業日数(会社の総務課が作成したもの、担当者名、代表社印要)

パート・アルバイトの方には日給×事故前3ヵ月間の就労日数÷90日×認定休業日数(アルバイト先等の証明を要します)の休業補償を受けることができ、事業所得者の方は事故前年の所得税確定申告所得を基準に、1日当たりの平均収入を算出します。

家事従事者の方(専業主婦の方など)には家事ができない場合は収入の減少があったものとみなし、1日当たり5,700円を限度として支給されます。
>>HOME >>施術メニュー >>交通事故
>>ごあいさつ >>保険施術 >>交通事故
>>施術案内 >>保険施術 >>9つのポイント
>>料金表 >>自費施術
>>院内風景 >>NMA療法
>>ご来院方法 >>鍼施術
>>お問合せ >>灸施術
>>求人について >>箱灸
>>相互リンク >>電気鍼
長﨑鍼灸整骨院
〒770-0868 徳島市福島2丁目2-13
TEL/FAX:088-626-3337
診療時間 月~土 8:00~12:30 14:00~18:00
休診日 水曜日午後・日曜・祝祭日
※診療は予約優先とさせて頂いております

(C)2015 長﨑鍼灸整骨院 all rights reserved