ぎっくり腰や寝違い、交通事故によるむち打ちなど強い痛みを伴う症状に効果抜群です!

「機器名」  EU-910(伊藤超短波株式会社)

「ハイボルテージモード」・・・・Hi-Voltageモードは150Vを超える高電圧を用い、深部への刺激に適し、疼痛の軽減や血流の促進、可動域の改善などに用いられます。

「MCRモード」・・・極めて微弱な電気を用い、傷ついた組織の修復を早め、損傷部の治癒を促進。神経や筋肉を興奮させないため、筋肉痛の軽減に有効です。

「超音波モード」・・・プローブの中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。1秒間に100万回(1MHz)または300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージで、深部または浅部に直接刺激を与えます。また超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生。超音波が到達している範囲を立体的に温めます。

※最新機器の詳しい情報は検索にてお願い致します。